肌のくすみやシミの悩み

30代前半までは特に気にならなかったのですが、所謂アラフォーと呼ばれる年齢になると鏡を見たときの自分の肌の色が気になるようになりました。

なんだか肌が暗く感じるのです。
そんな自分の顔を見ると、なんだか落ち込んでしまい、鏡を見るのがつらくなってしまいました。

毎日のお化粧も楽しくないし、このままでは気持ちがどんどん沈んでしまいます。
これはマズイ!以前の明るい肌を取り戻さなくちゃ!そう決めた私は毎日のスキンケアを見直すことにしました。

肌が暗く見えてしまう「くすみ」が起きる原因は様々あるようで、私の場合はおそらく血行不良なことが原因でした。

たしかに毎日の仕事で疲労とストレスは溜まっていますし、睡眠も十分にとれていません。
また、運動が大の苦手で近所のコンビニにすら車で出掛けてしまっています。

そうした生活のため、健康に悪いとは思っていましたが、まさか肌にまで出てしまうなんて……。

体のためにも生活習慣を整え、健康な生活を心がけるようにしました。
と言っても、いきなりすべてを変えることは逆にストレスになりそうだったので、野菜を前より多く食べたり、駅では階段を使うようにしたり、小さなことから変えています。

お風呂もできるだけゆっくり浸かるようにしました。
毎日のスキンケアもより丁寧にするように心がけています。
朝は特に時間に追われているので手短に済ませがちだったのですが、やはり基礎がしっかりできていないと意味がないのです。

肌が乾燥することでもくすみは出てしまうそうなので、気をつけるようになりました。
洗顔フォームを専用ネットを使って泡立て、顔を包み込むように洗顔します。

以前はつい肌を擦ってしまいがちだったのですが、それでは逆に肌を痛めるそうです。
水分を拭き取るときも、タオルで肌を擦らないように気をつけています。
肌にタオルを当てて水分を吸収させています。

化粧品も美白効果のあるものを使うようにしました。
今私のお気に入りはルミナスホワイト。くすみやシミに効果的なような気がします。特に隠れシミは今は目立たなくても将来必ず表面に出てきて、老け顔の原因になるので早めのケアが必要ですね。

肌というのは自分で思っている以上に変っているもので、やはり年齢に合った化粧品を選ばなければいけませんね。

まだ完全に悩みがなくなったわけではありませんが、日々の努力の効果はきちんと表れているように感じます。
その証拠に、鏡を見ても落ち込んだりしなくなりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントの入力は終了しました。